アスベスト関連機器(その1)

ULPA搭載機器※1 石綿飛散防止対策形 集塵・排気装置、防塵衣石綿粉じん除去装置
超微細な石綿粉塵の発生などアスベストは多大な問題を抱えています。その解体・補修工事に携わる全ての方々の健康管理と粉塵飛散防止に主眼を置いた、カナモト充実の「超微細粉塵対策機器」ラインナップです。

アスベスト関連機器 作業フロー

最新の技術をカナモトから。

アスベスト除去作業用レンタル機器の使用方法や整備基準は、一般の建機レンタル商品とは大きく異なるため、カナモトでは専門のメンテナンス部門を設置、オーダーの受付から、搬入、使用済み機器の清掃メンテナンスまで一環したシステムで、お客様のご要望にお応えしております。

アスベスト関連機器 作業フロー

※1 ULPAとは ULTRA LOW PENETRATION AIR FILTER の略である。日本工業規格(JIS)Z4812規程の高性能フィルタに相当し、基準粒子径0.15μm(マイクロメートル)99.97%以上補集する性能を有します。ULPAよりランク緩い基準としてHEPAがあり、既存の微細粉塵対策形集塵機の多くはHEPAフィルタでした。カナモト超微細粉塵対策形集塵機シリーズは全機種にULPAフィルタを最終フィルタに採用、抜群の補修能力を誇ります。