快適KKトイレ KIII-01 HGR-01 High Grade Restroom

はじめに 国土交通省

  • 国土交通省では、建設現場において男女ともに働きやすい環境とするため、ワーク・ライフ・バランスを推進できる環境整備を進めてきたところです。
  • 建設現場においても、女性技術者等に不評であったトイレについて、平成28年10月1日以降に入札手続きを開始する土木工事から「快適トイレ(女性も活用しやすいトイレ)」を原則化することとし、「快適トイレ」の標準仕様を決定しました。(平成28年8月4日記者発表)
  • 設置にあたっては、導入する現場環境にあった製品を選択するためのツールとして本誌を活用してください。
  • 「快適トイレ」が、全国の自治体へ広まり、全ての建設現場の環境改善につながることを期待しています。
  • また、レンタルが中心の建設現場の仮設トイレが「快適トイレ」に変わることにより、災害時に避難所等に持ち込まれる仮設トイレも変わるといった副次的効果も期待しています。

「快適トイレ」の標準仕様

1. トイレに求める機能

①洋式便座

②水洗(簡易水洗も含む)、又は、し尿処理装置付き

③臭い逆流防止機能付き(フラッパー機能付き)
(必要に応じて消臭剤等活用し臭い対策を取ること)

④容易に開かない施錠付き(二重ロック等)
(二重ロックの備えがなくても容易に開かないことを
製造者が説明出来るもの)

⑤照明設備(電源がなくても良いもの)

⑥衣類掛け等のフック付きまたは荷物置き場の設備付き
(耐荷重5kg以上)

2. 付属品として備えるもの

⑦男女別の明確な表示(女性が現場にいる場合に必須)

⑧入口の目隠し版の設置
(男女別トイレ間も含め入口が直接見えないような配置等)

⑨サニタリーボックス(女性専用トイレに限る)

⑩鏡付き洗面台

⑪便座除菌シート等の衛生用品

3. 推奨する仕様、付属品

⑫室内寸法900mm x 900mm以上(半畳程度以上)

⑬擬音装置 ⑭着替え台(フィッティングボード等)

⑮フラッパー機能の多重化

⑯窓など室内温度の調整が可能な設備

⑰小物置き場等(トイレットペーパー予備置き場)

※1及び2の項目は、必ず備えるものとする ※3の項目は、無くても良いが、あればより快適に使用出来ると思われるもの

※快適トイレに関する費用は、45,000円/基•月を上限に男女別で設置した場合は、2基まで費用計上します。 上限を超える費用については、受注者は、積算項目内の「イメージアップ経費(率分)にて計上可能とします。

快適KKトイレ 【KIII-01】

※フィッティングボードはオプション

基本仕様
全長 W(mm) 2,600(柱外寸)
全幅 D(mm) 2,200(柱外寸)
全高 H(mm) 2,650
(天井高2,020)
構造 軽量鉄骨構造
床面積
(外寸面積)
5.72㎡(1.7坪)
乾燥重量(kg) 800kg
仕上表
屋 根 野地板(OSBt9)
ガルバリウム鋼板t0.35
照明器具 LED照明
便 座 洋式暖房便座
外 壁 金属サイディングt18 洗面台 鏡付洗面台
コンクリートパネルt12 給水タンク トイレ54L /
洗面台45L
仕上げ:長尺ビニール床材
壁/天井 エンビ合板 t3.6 便 槽 350L
建 具 アルミドア
(外部:2重ロック) /
アルミサッシ
フィッテング
スペース
フィッテングボード
(オプション品)

オプション対応品

●フィッティングボード ●擬音装置 ●ソーラー発電設備 ●外壁サイディング変更


快適KKトイレ 【HGR-01】

基本仕様
全長 W(mm) 3,600(柱外寸)
全幅 D(mm) 2,300(柱外寸)
全高 H(mm) 2,600
(天井高1,980)
構造 軽量鉄骨構造
床面積
(外寸面積)
8.28㎡(2.5坪)
乾燥重量(kg) 1,800kg
仕上表
屋 根 野地板(OSBt9)
ガルバリウム鋼板t0.35
照明器具 LED照明(全灯)
便 座 洋式洗浄暖房便座
外 壁 金属サイディングt18 洗面台 特注ドレッサーW1200/
自動水栓
コンクリートパネルt12 フィッテング
スペース
仕上げ/タイルカーペット
仕上げ:長尺ビニール床材
特殊アクリル
UV コート t3
給水タンク 電動ポンプ付 50L
天 井 ロックウール吸音板t9.0 便 槽 1200L

本格水洗式車載トイレカー 【Toilet Car】

本格水洗式車載トイレカー
ベース車 スズキキャリー
給水タンク容量 100L
便槽タンク容量 280L
ナンバー登録
及び仕様
普通自動車8ナンバー
糞尿車登録
1年車検
マラソン大会や音楽フェス、お祭り、工事現場 等人の集まる所では必ずお役にたちます!

※小便器は最初から備え付けております。大便器は、様式便器か和式便器のどちらかをお選びいただけます。

■従来の仮設トイレと「Toilet Car 」との比較

設置の手間が面倒…

設置場所へ仮設トイレをトラックへで運んで据え付けます。回収もトラックへまた積んで運ぶ手間のかかる作業。

Toilet Carなら大丈夫
三つの設備(大便器・小便器・手洗い場)を車両の荷台へ搭載。自走式なので設営・撤収が非常に簡単に行えます。 トイレ空間も広く快適。

少しの移動でも大変……

設置した仮設トイレは、ほんの数センチでも移動させる事はとても大変。
作業員が必要で移動のたびに費用が発生。

Toilet Carなら大丈夫
自走式なので設置後でも昇降ステップを収納して、横揺れ防止アーム(※)を格納すれば移動できます。 必要な人員はドライバーのみです。

いかにも「トイレ」の外観

人によっては中に入る姿を見られたくないなど、仮設トイレは人目につきにくい場所へ設置される事が多い。

Toilet Carなら大丈夫
トイレらしくない外観。キャンピングカーや移動販売者のようなデザインで、どこに駐車して使っても利用者のプライバシーを保護します。

水の補給、汚物処理の手間

定期的に用水の補給が必要。設置場所と水源が離れている場合は水を運ぶ必要が。
汚物抜き取り処理は必須の条件。

Toilet Carなら大丈夫
水源の場所からホースをつないで簡単給水。汚物タンクはバキュームカーのホースを接続して吸い出すか、排泄口から汚物を簡単に排泄可能。

ニュープロダクツ室

吉田 道信  TEL 03-5408-5605

カタログはこちら

カタログはこちら