CI(コーポレート・アイデンティティ)

kanamoto グループマーク ロゴ

2013年にグループマークを制定し、第50期が始まった同年11月から運用しています。

デザインに込めたふたつの意味

カナモトの頭文字のKの右部分、鏃(やじり)をモチーフに、二つの意味を込めました。
一つは、未来に続く道。丘を越え谷を進むと、また上り坂が続いている様。ここも峠、向こうも峠。当社は、創業者にとっては茨の道になるやも知れない選択(第三者割当増資に始まり、株式上場をしたこと)をし、その結果、今では海外にまで歩を進めるに至ったカナモト。カナモトグループに参画する全てのグループ企業が、カナモトと共に、立ち止まることなく、逞しく、大きく頼れる企業体となるべく、どんな困難があっても立ち向かい歩み続ける様を、未来永劫に続く「道」に擬えました。
もう一つは、翼を大きく広げ、悠然と飛翔する猛禽類をイメージさせる意匠としました。
共に、常に真摯な眼差しで未来を見つめ、弛みなく努力を続ける企業体、どこまでも限りなく活動領域を広げていくという、力強いグループ像を表わしました。