アスベスト関連機器(その2)

ULPA搭載機器※1 石綿飛散防止対策形 集塵・排気装置、防塵衣石綿粉じん除去装置
超微細な石綿粉塵の発生などアスベストは多大な問題を抱えています。その解体・補修工事に携わる全ての方々の健康管理と粉塵飛散防止に主眼を置いた、カナモト充実の「超微細粉塵対策機器」ラインナップです。

作業エリア例

作業現場(隔離された施工区画)からの退出フロー エアシャワー クリーナー 各種石綿障害予防機器・暴露作業用ツール 各種石綿障害予防機器・暴露作業用ツール 石綿飛散防止対策形 集塵・排気装置


石綿ばく露防止対策(平成17年7月1日から石綿障害予防規則が施行)

解体作業のレベルの分類と必要な対策

  必要な対策 建材の種類 具体的な作業 発じんの
度合い
アスベスト濃度
level1
著しく発じん量が多い作業で、作業場所の隔離や高濃度の粉じん量に対応した防じんマスク、保護衣を適切に使用するなど、厳重なばく露防止対策が必要な環境レベル 石綿含有吹き付け材 石綿含有吹付け材の除去作業
アスベスト濃度
level2
比重が小さく、発じんしやすい製品の除去作業であり、レベル1に準じて高いばく露防止対策が必要な作業レベル 石綿含有保湿材
耐火被覆材断熱材
断熱材
石綿を含有する保湿剤、断熱材、耐火被覆材などの除去作業
アスベスト濃度
level3
発じん性が比較的低い作業であるが、破砕、切断等の作業においては発じんを伴うため、湿式作業を原則とし、発じんレベルに応じた防じんマスクを必要とするレベル その他の石綿含有建材(成形板等) レベル1、レベル2以外の石綿含有建材(例えば成形板など)の除去作業

※1 ULPAとは ULTRA LOW PENETRATION AIR FILTER の略である。日本工業規格(JIS)Z4812規程の高性能フィルタに相当し、基準粒子径0.15μm(マイクロメートル)99.97%以上補集する性能を有します。ULPAよりランク緩い基準としてHEPAがあり、既存の微細粉塵対策形集塵機の多くはHEPAフィルタでした。カナモト超微細粉塵対策形集塵機シリーズは全機種にULPAフィルタを最終フィルタに採用、抜群の補修能力を誇ります。